赤ちゃんはたくさんだっこしたほうがいい

はじめての妊娠、出産によって女性にはいろいろな大きな変化がおこります。つわりがあったり、胎動があったり、どんどん大きくなるお腹にとまどったりと出産を迎えるまでは、うれしいようは不安なきもちがいっぱいになっています。そしてようやく出産を終えると、妊婦からいきなり母親になっていきます。

昨日までは一人の妊婦だったのに、いきなり新米ママさんとよばれることに、戸惑いを覚える人も多いでしょう。一人の人間をこの世に産み落として育てるというのは、いままでにないいろいろな喜びと、大変なことが押し寄せてくることになります。

知って納得のAll Aboutの正しい情報を手に入れましょう。

うまれたての赤ちゃんはかわいいというよりも、怖いと感じるお母さんも多いはずです。


なんで泣いているのだろうかとか、おっぱいもおむつもきれいなのに、泣き止まないとか、寝ないとかどうしていいかわからないことも多いはずです。


育児書には、赤ちゃんにはだっこは、とても必要だけでだっこ癖がつくからだっこばかりしてはいけないとか、いろいろ書いてあります。

でも、赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんではありません。
幼児期をむかえ、さらに成長していくものです。



ずっとだっこされていることはないのです。
ですからだっこ癖などを気にせず、たっぷりと愛情を注いてあげることが必要です。

赤ちゃんをだっこを検索してみてください。

幼児期にたくさんの愛情をうけたこは、受けない子よりも情緒が発達し、精神的にもおちついた子供になることはよく知られていることです。

育児書通りにいかない子供が育児ですから気にしないことです。